RSS Twitter Google Bookmarksに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録

Backpackers > 世界遺産 > アフリカ

[PR]海外旅行の必需品^@^)》三井住友VISAカード
[PR]海外格安航空券の最安値比較をしたいなら楽天トラベル!

アイルとテネレの自然保護区

エリア
アジア, 欧州, 中東, アフリカ, 北米, 中南米, オセアニア
分類
文化遺産, 自然遺産, 複合遺産, 危機遺産
インデックス
国別, , , , , , , , , , ワ/ン, 全リスト, 全リスト(英名)
A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z
メディア
ニュース, DVD, 関連書籍
アイールとテネレの自然保護区群
アイルとテネレの自然保護区
英名: Air and Tenere Natural Reserves
国名: ニジェール
緯度: 18.0.0 経度: 9.0.0
分類: 自然遺産 / 危機遺産
登録基準: (vii)(ix)(x)
登録年: 1991年
http://whc.unesco.org/en/list/573
アイルとテネレの自然保護区の動画
Loading...

アイルとテネレの自然保護区は、ニジェールの北部、アガデスの北方に広がる保護区。総面積77000km2に及ぶアフリカ最大の自然保護区。保護区内にはアイール山地があり、降水量は少ないが山に湧水があるため、植物相、動物相は周辺の砂漠よりも豊かである。またテネレと呼ばれるサハラ砂漠南部の一部地域も保護区に含まれている。保護区には素晴らしい地形が広がり、多くの植物や野生動物が生息している。

© 2011 UNESCO/World Heritage Centre.