RSS Twitter Google Bookmarksに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録

Backpackers > 世界遺産 > ヨーロッパ

[PR]海外旅行の必需品^@^)》三井住友VISAカード
[PR]海外格安航空券の最安値比較をしたいなら楽天トラベル!

アルケスナンの王立製塩所

エリア
アジア, 欧州, 中東, アフリカ, 北米, 中南米, オセアニア
分類
文化遺産, 自然遺産, 複合遺産, 危機遺産
インデックス
国別, , , , , , , , , , ワ/ン, 全リスト, 全リスト(英名)
A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z
メディア
ニュース, DVD, 関連書籍
アルケスナンの王立製塩所
アルケスナンの王立製塩所
英名: Royal Saltworks of Arc-et-Senans
国名: フランス
緯度: 46.56.15 経度: 5.52.35
分類: 文化遺産
登録基準: (i)(ii)(iv)
登録年: 1982年
http://whc.unesco.org/en/list/203
アルケスナンの王立製塩所の動画
Loading...

ブザンソンの近くにあるアルケスナン王立製塩所は、クロード・ニコラ・ルドゥによって造られました。1775年にルイ16世の治世の時代に始められた工事は、啓蒙の時代の進歩の理想を反映して、産業建築の最初の重要な功績でした。仕事の合理的で階層的な組織を可能にするように設計されて、理想の工業都市の建物(未完成)は、広大で半円の複合体を円柱で支えています。サラン・レ・バン製塩所は1962年に活動を止めるまで、少なくとも1,200年間稼働した。1780年から1895年まで、塩水は21kmの木管を通って、アルケスナン王立製塩所に送られました。薪の供給を確実にするために、広大なショーの森の近くに建てられました。まだ機能している19世紀からの水圧ポンプを含んでいて、サランの製塩所は13世紀から地下ギャラリーを保護しています。ボイラー室は「ホワイトゴールド」を集めるために製塩所の労働の困難を示します。

© 2011 UNESCO/World Heritage Centre.