RSS Twitter Google Bookmarksに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録

Backpackers > 世界遺産 > ヨーロッパ

[PR]プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード
[PR]プラン数には自信アリ!JTBなら世界のホテル約4,200都市・50,000軒

ラ・ショードフォンとル・ロクル、時計製造業の都市計画

エリア
アジア, 欧州, 中東, アフリカ, 北米, 中南米, オセアニア
分類
文化遺産, 自然遺産, 複合遺産, 危機遺産
インデックス
国別, , , , , , , , , , ワ/ン, 全リスト, 全リスト(英名)
A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z
メディア
ニュース, DVD, 関連書籍
ラ・ショードフォンとル・ロクル、時計製造業の都市計画
ラ・ショードフォンとル・ロクル、時計製造業の都市計画
英名: La Chaux-de-Fonds / Le Locle, watchmaking town planning
国名: スイス
緯度: 47.6.14 経度: 6.49.58.001
分類: 文化遺産
登録基準: (iv)
登録年: 2009年
http://whc.unesco.org/en/list/1302
ラ・ショードフォンとル・ロクル、時計製造業の都市計画の動画
Loading...

ラ・ショードフォンとル・ロクルは、スイスの北西部ジュラ山脈の麓のジュウ渓谷に位置する。それぞれの都市設計と建築には、時計産業に必要とされる合理的な体制が反映されている。大火災の後の19世紀初頭に、これらの町は時計産業に特化して計画された。通りは開放された格子状に配置されており、それに沿って住居や工房が寄り合っている。17世紀に遡る時計産業文化の必要性に合わせて作られた街並みが今日でも息づいている。現在も繁栄を続ける、単一製造業で成り立ってきた町の代表例である。町の都市計画も、家内工業的な職人による製造から、19世紀後半から20世紀にかけての中央集中化した工場生産への移行に成功している。カール・マルクスは 「資本論」での分業に関する分析で、ジュラの時計産業を例に挙げており、ラ・ショードフォンを 「大規模な工場都市」と表現している。

© 2011 UNESCO/World Heritage Centre.
スイスの国旗 スイス Switzerland
首都: ベルン
言語: ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語
時差: 日本時間 -8時間
通貨: スイス・フラン Swiss franc
査証: 3カ月以内の滞在は不要

スイスの世界遺産

関連書籍

関連コンテンツ


Last modified: 2017-12-18

| Home | Index | Top | English |


| Destinations | Sitemap | Feedback | About | Backpacker | English |

© 2017 neobackpackers All rights reserved. - Khaosan Road - トラベルニュース - Travel - 旅行記サーチ - 旅行ガイド - World Heritage