RSS Twitter Google Bookmarksに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録

Backpackers > 世界遺産 > ヨーロッパ

[PR]トラベルコスメ特集。旅行はもちろん、ちょっとお試しにも!
[PR]100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

ラヴォー地区の葡萄畑

エリア
アジア, 欧州, 中東, アフリカ, 北米, 中南米, オセアニア
分類
文化遺産, 自然遺産, 複合遺産, 危機遺産
インデックス
国別, , , , , , , , , , ワ/ン, 全リスト, 全リスト(英名)
A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z
メディア
ニュース, DVD, 関連書籍
ラヴォー地区の葡萄畑
ラヴォー地区の葡萄畑
英名: Lavaux, Vineyard Terraces
国名: スイス
緯度: 46.29.30.998 経度: 6.44.46
分類: 文化遺産
登録基準: (iii)(iv)(v)
登録年: 2007年
http://whc.unesco.org/en/list/1243
ラヴォー地区の葡萄畑の動画
Loading...

ラヴォー畑段丘に沿って約30キ??ロのために伸びる南ヴォー地域のローザンヌの東部郊外に位置し、村と湖の間の山々の下の斜面をカバーするためにシャトードシヨンからジュネーブ湖の北岸に面しています。ブドウの木は、ローマ時代に地域で栽培されたことを、いくつかの証拠があるが、本つるテラス、ベネディクトシトー修道会の修道院が領域を制御するときは、11世紀までさかのぼることができます。それはとてもいつものように経済に重要となってきて高い評価を得てワインを生産を最適化するローカルリソースへの開発人と環境との間の世紀にわたる相互作用の顕著な例である。ラヴォー地区の葡萄畑は、スイスの西部、ヴォー州のラヴォー地域、シヨン城からジュネーブ湖(レマン湖)の北岸沿いからローザンヌの東の郊外までの30kmに広がっている。ローマ時代から葡萄が生産されていた形跡が残っているが、現在の段々畑はベネディクト修道会とシトー修道会がこの土地を統治していた11世紀からのものである。ラヴォーでは常に経済的に重要であった高価なワイン生産を目的として、土地資源を最大限に活用すべく環境が開発された。

© 2011 UNESCO/World Heritage Centre.
スイスの国旗 スイス Switzerland
首都: ベルン
言語: ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語
時差: 日本時間 -8時間
通貨: スイス・フラン Swiss franc
査証: 3カ月以内の滞在は不要

スイスの世界遺産

関連書籍

関連コンテンツ


Last modified: 2017-12-18

| Home | Index | Top | English |


| Destinations | Sitemap | Feedback | About | Backpacker | English |

© 2017 neobackpackers All rights reserved. - Khaosan Road - トラベルニュース - Travel - 旅行記サーチ - 旅行ガイド - World Heritage