RSS Twitter Google Bookmarksに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録

Backpackers > 世界遺産 > ヨーロッパ

[PR]旅行者の荷物を守るために生まれたトラベルギア Pacsafe(パックセーフ)
[PR]全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】

チェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群

エリア
アジア, 欧州, 中東, アフリカ, 北米, 中南米, オセアニア
分類
文化遺産, 自然遺産, 複合遺産, 危機遺産
インデックス
国別, , , , , , , , , , ワ/ン, 全リスト, 全リスト(英名)
A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z
メディア
ニュース, DVD, 関連書籍
チェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群
チェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群
英名: Etruscan Necropolises of Cerveteri and Tarquinia
国名: イタリア
緯度: 42.0.24.599 経度: 12.6.6.8
分類: 文化遺産
登録基準: (i)(iii)(iv)
登録年: 2004年
http://whc.unesco.org/en/list/1158
チェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群の動画
Loading...

チェルヴェテリとタルクィニアのエトルリア墳墓群は、イタリア北部ローマ郊外にある。大規模なエトルリア時代の墳墓で、紀元前9世紀から紀元前1世紀までの異なる埋葬習慣見られ、エトルリア文化の到達点を示すものとなっている。いくつかの墳墓は、岩に切り込んでその上を埋葬塚で覆ったもので、歴史的にも意義深い。多くは壁面に彫刻が施され、中には高度な壁画が描かれているものもある。バンディタッチャとして知られるチェルヴェテリにある古墳群には、何千もの墓が、道路、小さな広場、集合墓地が都市のように構成されている。墳墓には、岩に溝を切り込んで作った石墳、小屋や家型に岩を彫ったも2種類があり、豊富な細部装飾が見られる。エストリア人住居建築の形跡を残す唯一のものである。モンテロッツィとも呼ばれるタキアニアの古墳群は、岩を切り込んで作られた6,000基もの墓がある。また壁画が描かれた200の石室で知られ、最も早いものは紀元前7世紀に造られた。

© 2011 UNESCO/World Heritage Centre.