RSS Twitter Google Bookmarksに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録

Backpackers > Backpacking Tutorials > 18

[PR]エイビーロード 人気都市へ行く航空券の最安値が一目瞭然
[PR]旅に出よう!EagleCreek(イーグルクリーク)トラベルギア

18: 旅本

 もし、この本を読んで旅に出たくなった人がいたら、そう、私も友情をもってささやかな挨拶を送りたい。 恐れずに。 しかし、気をつけて。
Search:
何でも見てやろう 何でも見てやろう
若さと知性と勇気にみちた体当り世界紀行。留学生時代の著者が、笑顔とバイタリティーで欧米・アジア22カ国を貧乏旅行して、先進国の病根から後進国の凄惨な貧困まで、ハラにこたえた現実を、見たまま感じたままに書いたベスト&ロングセラーの快著
小田 実(著)【文庫】おすすめ度:5
マレー蘭印紀行 マレー蘭印紀行
1928年に妻・森美千代とともに渡欧。パリから、シンガポール、マレー半島を経て1932年に帰国するまでの放浪の旅を綴る。自伝三部作、どくろ杯ねむれ巴里西ひがしとともに近代(明治)以降の紀行文の古典。
金子 光晴(著)【文庫】おすすめ度:4
青年は荒野をめざす 青年は荒野をめざす
ぼくらにとって音楽とは何か? セックスとは? 人間とは? 放浪とは? 燃焼する人生を求め、トランペットひとつかかえて荒野をめざす青年ジュンの痛快無類のヨーロッパ冒険旅行!
五木 寛之(著)【文庫】おすすめ度:4
深夜特急 深夜特急 1〜6 (全6巻)
インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く。ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。マカオでは、「大小」というサイコロ博奕に魅せられ、あわや…。1年以上にわたるユーラシア放浪が、今始まった。いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ。
沢木 耕太郎(著)【文庫】おすすめ度:5
劇的紀行 深夜特急劇的紀行 深夜特急
圧倒的人気を得た、沢木耕太郎原作の大ベストセラー『深夜特急』。その2年に及ぶユーラシア大陸横断大旅行を完全映像化した作品。1996年から98年にかけて放送されたドキュメンタリードラマ「劇的紀行 深夜特急」(全3回放送)をDVD3枚に収録、ブック仕様のケースに収めたセット商品。出演は、大沢たかお、松嶋奈々子ほか。
DVD3枚組み Region 2 (日本国内向け)
サハラに死す サハラに死す - 上温湯隆の一生
サハラ砂漠は東西7000キロ、横断するルートは皆無で、途切れ途切れにあるオアシスの点と点を結ぶしかない。この前人未到の熱砂の海に、一頭のラクダとともに単身で挑んだ上温湯青年。だが不幸にも、思い半ばに22歳の孤独な青春に幕を閉じた。苛酷な旅の中で、人間の極限を生き、凝視めた青春とは。
長尾 三郎(編集)【文庫】おすすめ度:5
印度放浪 印度放浪
近代という病いの末期に生きる一人の青年が、原初の土地=インド亜大陸を巡りつつ、蝕まれた肉体と精神を恢腹していく。 行動する思索家・藤原新也の処女作。
藤原 信也(著)【文庫】おすすめ度:4
全東洋街道 全東洋街道〈上〉 , 全東洋街道〈下〉(全2巻)
1980年2月4日から402日間に渡りイスタンブ−ルから高野山、東京まで、イスラム教徒、ヒンドゥ教徒、仏教徒の世界をカメラを手に歩き続けたドキュメントである。表面的なヒュ−マニズムや、むやみに奇抜な映像をかすめとってくるのではなく、人間と交流しながらも、冷静な視線で通過し続けられる精神の強靱さは生半可なものではない。
藤原 信也(著)【文庫】おすすめ度:4
新ゴーゴー・インド 新ゴーゴー・インド
喧噪と混乱、愛と不滅と幻の亜大陸インドを突撃レポート。パック旅行では味わえないインド旅行の楽しさを、イラストと写真とインドグッズを満載してまるごとガイドしたスーパー・イラスト・エッセイ。インドへ行った人も、これから行く人も、なんとなくインドに興味をもっている人も、みんなフンフンなるほどと頷くインド1人旅案内の決定版。
蔵前 仁一(著)【単行本】おすすめ度:4
アジアン・ジャパニーズ アジアン・ジャパニーズ
この「日本」というシステムを離れ、アジアをさすらう若者たち。「深夜特急」に飛び乗った彼らの旅は脱出なのか、逃亡なのか、闘いなのか、モラトリアムなのか。写真と文でその旅立ちを検証するルポ。
小林 紀晴(著)【単行本】おすすめ度:4
バックパッカー・パラダイス バックパッカー・パラダイス - 旅人楽園
世界中を歩くバックパッカー旅行者(長期貧乏旅行者)たちはいかにして旅をしているのか。旅に必要なノウハウを満載。現地の人々との交流を織りまぜながら楽しい漫画で世界の観光スポットを紹介。
さいとう夫婦 (著) 【単行本】 おすすめ度:5
12万円で世界を歩く 12万円で世界を歩く
赤道直下、ヒマラヤ、カリブ海、乏しい予算で訪れた国は数知れず。タバコ一本、ビール一杯もサイフと相談。トラブルに巻き込まれたり、人の親切が身にしみたり…。そんな旅だからこそ見えてきた人々の素顔や生活と旅の喜怒哀楽を語りつくす、これぞビンボー旅行のバイブルだ。12万円の内訳付き。
下川 裕治(著)【文庫】おすすめ度:4
オン・ザ・ロード オン・ザ・ロード
ディーンに引っ張られるように、サルは広大なアメリカ大陸を横に縦に疾駆する。ニール・キャサディ、ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグ他実在のモデルの登場でも話題を呼んだ衝撃の書。ビート・ジェネレーションの誕生を告げ、その後のあらゆる文学、文化に決定的な影響を与え続けた傑作が、躍動感あふれる新訳で登場。
ジャック・ケルアック(著)【単行本】 おすすめ度:5
モーターサイクル・ダイアリーズ モーターサイクル・ダイアリーズ
23歳の医学生エルネストは、親友アルベルトと共に中古のバイクに乗って南米大陸縦断の旅に出る。金も泊まるあてもなく、喘ぐバイクでアンデスを超え、船倉に隠れて密航し、いかだでアマゾン川を下る。様々な出会いと別れ、そして初めて目にする過酷な現実。この旅の記憶が、エルネストの運命を変えた―。青年ゲバラが綴った真実の記録。
単行本:チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記
エルネスト・チェ ゲバラ(著)【文庫】おすすめ度:4
荒野へ 荒野へ
アラスカの荒野にひとり足を踏み入れた青年。そして4カ月後、うち捨てられたバスの中で死体となって発見される。その死は、やがてアメリカ中を震撼させることとなった。恵まれた境遇で育った彼は、なぜ家を捨て、荒野の世界に魅入られていったのか。登山家でもある著者は、綿密な取材をもとに青年の心の軌跡を辿っていく。全米ベストセラー・ノンフィクション。
ジョン・クラカワー(著)【文庫】おすすめ度:4
エグザイルス エグザイルス(放浪者たち) すべての旅は自分へとつながっている
誰にも束縛されることなく、自分の好きな道を歩きたい。社会が敷くレールの上を往復する人生なんて送りたくない―時代はヒッピー文化が台頭した1960年代、「自分の可能性」を求め、日本を飛び出した若者がいた。ヨーロッパ、インド、中東、バリ島、オーストラリア…世界中を旅しながら、「自分」に辿り着くまでの心の軌跡がここにある。人生を嘆き、落ち込んでいる人をめざめさせる感動の一冊。
ロバート・ハリス(著)【文庫】おすすめ度:4

海外紀行本ベストセラー

新刊

バックパッキング関連本

紀行文・旅行記


Last modified: 2019-01-20

| Prev: 言葉 | 18/19 | Next: これから旅立つ人へ |

| Home | Index | Top |


| Destinations | Sitemap | Feedback | About | Backpacker | English |

© 2018 neobackpackers All rights reserved. - Khaosan Road - トラベルニュース - Travel - 旅行記サーチ - 旅行ガイド - World Heritage