RSS Twitter Google Bookmarksに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録

Backpackers > Backpacking Tutorials > 06

[PR]海外旅行の必需品^@^)》三井住友VISAカード
[PR]プラン数には自信アリ!JTBなら世界のホテル約4,200都市・50,000軒

06: お金の持ち方2

現金(キャッシュ)以外の携行方法について

トラベラーズチェック - Travelers Cheque - T/C

発行会社はアメックス【*1】、トーマスクックシティバンク、ビザなどがあります。ヨーロッパではトーマスクックも通用度が高いのですが、それ以外の地域では圧倒的にアメックスが強く、他の発行会社のトラベラーズチェック(以下T/C)は、両替手数料や両替レートとが悪かったり、両替自体を断られることがあります。特にマイナーな発行会社のT/Cは、旅行中つねに両替に苦労することになります。アメックスなどは各国に支店があり、現地での再発行も可能ですが、マイナーな所は支店も少なく、現地での再発行もままなりません。

長旅の場合は、500$などの高額チェックで作るのがおすすめです。T/Cは紙幣よりも厚く、小額チェックだと嵩張って貴重品袋に入らなくなります。特に首から下げる貴重品袋だと、その重さで肩こりに悩まされます。高額チェックは発行会社の支店で、小額チェックに無料で交換できるので、必要に応じ細かくして使います。また両替レートの点でも高額チェックの方が優遇されています。

アメリカでT/Cを使う場合は、そのまま決済できますが、ほとんどの場合、現地通貨等に現金化(両替)が必要です。現金化は1回または1枚につき両替手数料が必要なことがあります。手数料は通常1%前後ですが、中には5〜10%と高額なことがあります。また両替レートも現金(キャッシュ)より悪いことがほとんどです。(稀に良いこともありますが) 従って現金(キャッシュ)と比べると利便性、経済性は劣ります。

3000$以上をT/Cで持っていく場合は、複数の発行会社に分けて作りましょう。発行会社は『盗難・紛失にあった場合、世界中のどこからでも、電話1本で、通常24時間以内の再発行が可能です』と謳っていますが、実情は決してそうではありません。3000$以上の再発行だと、緊急再発行として500$程は、確かにすぐに再発行されます。しかし全額再発行には1〜2カ月もの調査期間が必要だったり、場合によっては再発行を拒否されることもあります。

最近は盗難にあった場合は、すぐにブラックマーケット【*2】に流れ、換金されます。サインの偽造技術は非常に高く、例え漢字や平仮名のサインでも完璧にコピーされます。本人のサインか偽造か判別できない程のレベルなので、これを理由に発行会社が再発行を拒否することもあります。再発行可能というのはT/Cの最大のメリットですが、それには発行会社が定める規定をクリアしていることが必要で、再発行することを保証しているわけではありません。

盗難・紛失した場合は速やかに発行会社に連絡してください。24時間以内に連絡しないと再発行を拒否されることがあります。ただし連絡してもそのT/Cの使用を差し止められるシステムにはなっていません。

Attention 再発行拒否について 長期旅行に関するアンケート調査で頂いた回答の中にも、盗難・紛失に遭い、再発行手続きをしたけれど、再発行を拒否されたという事例が4件あります。(2004年2月23現在) また再発行までに1カ月以上かかるといわれ、旅行を中止せざるをえなかったという回答もありました。

キャッシュカード - Cash Card

最近はシティバンクなどのキャッシュカードを利用する人も増えてきました。このカードは130カ国以上をカバーするVISA系のATMネットワークPlus(プラス)を通して約70万台以上のATMを利用できます。主要な空港を始め、鉄道駅、バスターミナルに設置されたATMで現地通貨での引出しが可能です。

引出し手数料は無料で、換算レートはドルの場合は、当日の日本のシティバンクのTTSレート+3円です。(店舗内に設置されたATMは、手数料が必要なものがあります)
必要な分だけ引出せるので、現地通貨を余らせることがありません。高級ホテル内のATMでは、現地通貨だけでなくドルで引出せることもあります。ほとんどの場合24時間使えます。最近はデビットカード機能も充実しつつあります。

もうひとつこのカードには大きな利点があります。それは旅先でお金が尽きたときです。海外送金の方法にはパスポート送金【*3】などの方法がありますが、手数料も高く、時間もかかります。このカードがあれば、日本で口座に入金するだけで済み、手数料も不要で、時間もかかりません。

デメリットは口座残高が30万円を切ると毎月口座維持費が必要なことです。またカードを紛失・盗難にあった場合や、破損等により再発行が必要になった場合に、現地のシティバンクではできないので、日本で家族に再発行し郵送してもらう必要があります。

シティバンクでは、上記のキャッシュカードのほかにワールドキャッシカードも発行していますが、これは毎回手数料が必要です。ただこのカードは紛失・盗難にあった際に現地で再発行できるので、とりあえず緊急用として一枚作っておくのも良いかもしれません。最近は日本の銀行も、同様の国際キャッシュカードを発行していますが、これらも毎回手数料が必要です。

Attention 最近クレジットカードやキャッシュカードが絡んだ、いかさま賭博などなの詐欺や、ATM利用時を狙った盗難や強盗といったトラブルが非常に増えています。

キャッシュカードの偽造・盗難により不正利用された場合、現在は銀行が補償を拒否することが多いようです。盗難にあった場合は、直ちに銀行に連絡しカードの使用停止手続きをして下さい。(2006年2月より預金者保護法【*4】が施行されます)

ネットバンク利用時にスパイウェアにより口座番号と暗証番号を盗まれ、不正利用される可能性も指摘されています。銀行により対策がされ安全が確保されるまでは、ネットカフェなど不特定多数が利用するパソコンでの、ネットバンクの利用は避けた方が賢明です。

クレジットカード - Credit Card - C/C

やはり一枚でも持っていれば安心です。旅行中に所持金が尽きてもカードでキャッシングという手もあるし、日本までのチケットを買って帰国ということも可能です。会社を辞めて旅に出ようと考えている人は、辞表を出す前に一枚クレジットカードを作っておきましょう。無職では発行してくれませんよ。カードの種類についてはMasterカードの方が若干使える国が多いようです。

カード提携旅行保険年間費無料
三井住友VISAカード VISA
アメリカン・エキスプレスカード AMEX×
ANAアメリカン・エキスプレス・カード AMEX×
シティカード VISA/MasterCard
JALカード VISA/MasterCard
ダイナースカード
×
ANA JCBカードZERO JC
JCBカード JCB

カードの詳細及び資料請求、お申し込みは各サイトをご覧下さい。


【*1】アメックス
AMEX。アメリカンエキスプレス(American Express )の略称。
【*2】ブラックマーケット
盗まれたT/Cは2〜3日でブラックマーケットで換金されます。T/Cの束の中から数枚を抜く手口だと、気付くのも遅れ、連絡すると既に換金済みというケースが多い。盗まれたという覚えがなくても、時々枚数が合っているかチェックしましょう。
【*3】パスポート送金
口座がなくても送金が可能だが、時間もかかる上、手数料も高い。外為法により現地通貨での受け取りしか出来ないこともあります。
【*4】預金者保護法
キャッシュカードの偽造・盗難により、預貯金がATMから不正に引き出された場合に、被害を金融機関が原則として全額補償することを義務づける法律。ただしクレジットカード、デビットカード及びネットバンクでの不正利用による被害は対象外です。

関連コンテンツ

  • 両替 - クレジットカード,国際キャッシュカード,トラベラーズチェック
  • クレジットカード - 旅行保険付き,マイレージ提携,年会費無料,学生向け
  • トラベルグッズ - 貴重品袋,インナーベスト,トラベル財布

関連リンク


Last modified: 2009-12-28

| Prev: お金の持ち方 1 | 6/19 | Next: パスポート&ビザ |

| Home | Index | Top |


| Destinations | Sitemap | Feedback | About | Backpacker | English |

© 2018 neobackpackers All rights reserved. - Khaosan Road - トラベルニュース - Travel - 旅行記サーチ - 旅行ガイド - World Heritage