RSS Twitter Google Bookmarksに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録

Backpackers > Backpacking Tutorials > 02

[PR]海外旅行の必需品^@^)》三井住友VISAカード
[PR]全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】

02: 旅のルート2

旅は地図を眺めながら、そのルートを考えているときが一番楽しいものかもしれません。
 旅のスタイルは大きく分けると滞在型周遊型に分けられます。それぞれどちらも捨てがたい魅力があります。1つの街に1カ月も滞在すれば、街の本当の姿が見えてきます。これは2、3日の滞在では決してはわかりません。僕らはこれを沈没とも呼びますが... これに対し周遊型の醍醐味は、国境を越え大陸を移動することによって、異なる言語、宗教、習慣、国民性を体感していくことです。旅はこの移動と滞在の繰り返しです。実際に旅をすると自然に自分なりの旅のスタイルができてきます。

ここではおすすめの旅のルートと、よく使われているガイドブックを合わせて紹介します。1カ月ほどで周れるものから、半年以上かかるものまで様々ですが、ルート作りの参考にどうぞ。

東南アジア周遊

タイのバンコクを起点にインドシナ半島(カンボジアベトナムラオス)を周り、再びタイに戻るルート。1999年にタイ−カンボジアの国境(アランヤプラテート/ポイペト)が外国人にも開放され、このルートを全て陸路で抜けることが可能になりました。雨季にはメコン河の洪水により交通網が寸断され、思わぬ足止めを食うこともありますが、1カ月+α程度で周る事ができます。
 アジアの遺跡ではNo.1と言われるカンボジアのアンコール遺跡、最近人気のベトナム、アジア最後の桃源郷とも言われたラオスなど見所も多く、初心者にもおすすめのルートです。
東南アジアでもう一つ人気のルートは、バンコクからシンガポールをマレー鉄道で縦断するマレー半島縦断です。バスよりは高くつきますが、優雅な列車の旅も人気です。

アジア横断

アジア横断にはインドからパキスタンに入るヒッピーロード【*1】と、中国からカラコルムハイウェイ【*2】を越えパキスタンへ入る2つのルートがあります。
 旅の起点は中国か、タイもしくはインドになります。タイからの場合、ミャンマーは陸路で抜けられないので空路になります。バンコクからヤンゴン(ミャンマー)やダッカ(バングラデシュ)にストップオーバー【*3】しながら、カルカッタに入るチケットもあります。
 『風の谷のナウシカ』のモデルとなった桃源郷、パキスタンのフンザ【*4】で、インドや中国の旅の疲れを落としたら、その後イランを抜け、アジアの終着点イスタンブールを目指します。仏教、ヒンズー教、イスラム教など様々な宗教、言語、習慣を体感できます。シルクロードを行く中央アジア横断ルートもおすすめです。
 旅の終着点はトルコのイスタンブールです。ここでアジアは終わります。イスタンブールはアジア、ヨーロッパそれに中東からの旅行者が交錯する街です。この街で、しばし旅の疲れを落とし、情報交換を済ませたら、先へ進みましょう。
 ここから先は大きく2つのルートがあなたを待っています。ヨーロッパを目指すか、それとも中東へ進むか?

中東横断(縦断)

イスタンブール−カイロを結ぶ、中東6カ国を巡るルート。シリアパルミラから始まり、レバノンバールベックヨルダンぺトラとスケールの大きな遺跡が続きます。もうひとつのおすすめがヨルダンのアンマンからアカバに至るキングス・ハイウェイ。更にユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地を抱えるエルサレムを訪れ、死海で浮かんだら、紅海を渡り、目指すはエジプト、カイロのサファリホテル【*5】。最後の締めはギザのピラミッドルクソールのカルナック神殿です。ここから先はアフリカ大陸が広がっています。

アフリカ縦断

アフリカ縦断には大きく2つ、東アフリカと西アフリカのルートがあります。政情が安定していない国も多く、査証(ビザ)の取得やルート選びなど情報収集が重要となります。
 東アフリカルートはカイロを起点に南下、スーダンエチオピアを抜け、ケニア、更にはタンザニアジンバブエから南アフリカの喜望峰を目指します。
 西アフリカルートはサハラ縦断するルートで、モロッコからモーリタニアを抜け、セネガルのダカールに至ります。
 2008年現在アフリカ地域には7カ国(チャド、エチオピア、エリトリア、ナイジェリア、コートジボアール、コンゴ民主共和国、ソマリア)に対し退避勧告【*6】が発出されています。以前と比較すれば若干状況は良くなりましたが、これらのルートも状況次第では通過できなくなることがあります。

ユーラシア大陸横断

アジアを横断しイスタンブールまで辿りついたのなら、もう少し足をのばし更に西へ向かいましょう。向かう先はポルトガルのロカ岬。ここがユーラシア大陸の最西端です。ここに立っている石碑には「ここに地終わり、海始まる」と刻まれています。長かったユーラシア大陸はここで終わり、目の前には広大な大西洋が広がっています。しかしこの海の向こうにはアメリカ大陸が広がっています。ニューヨークがあなたを呼んでいます。

ヨーロッパ周遊

ヨーロッパは物価を除けば、査証(ビザ)も不要で旅行しやすいエリアです。しかし物価の安いアジアや中東から来たバックパッカーにとって、その違いは厳しいものになります。学生の旅行シーズンは人気のあるYH(ユースホステル)は満員になるところもあり、思わぬ出費が必要になることがあります。アジアから来たバックパッカーはギリシャのアテネか、ハンガリーのブダペストが起点になります。

アメリカ横断

東海岸と西海岸を結ぶルート。起点はニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコなど。ヨーロッパと同様に問題は物価だけです。ニューヨークからロサンゼルスへ向け西へ西へ進めば、太平洋が広がっています。この先はもう日本です。しかしアメリカ大陸はここで終わっていません。まだ魅力的な中南米の国々が待っています。ロスの日本人街でしばし日本を満喫したら南へ下りましょう。メキシコはすぐそこです。

中南米縦断

ロサンゼルスやメキシコシティーを起点に、アメリカ大陸を南北に貫くパンアメリカン・ハイウェイを南下するルート。中南米地域は民族や経済など深刻な問題を抱えており、治安も悪いのが現状です。旅行者も他の地域に比べると少なくなりますが、随所に日本人宿【*7】があり、多くの旅行者が情報交換のため利用しています。
 メキシコグアテマラで、まずスペイン語を勉強してから、旅を始めるのもおすすめです。アステカやマヤ、シカン、インカの遺跡を巡りながら南下します。(パナマコロンビア間【*8】は空路が一般的です) マチュピチュガラパゴス諸島イースター島など見所も盛りだくさんです。パタゴニアを抜けて最南端のフエゴ島のウシュアイアに至り、更にここから南極ツアーに参加すれば、南極大陸上陸も可能です。
 ライダーやチャリダー【*9】にとっては、アラスカからスタートし、南米大陸最南端のウシュアイアを目指すアメリカ大陸縦断は人気のルートです。

お祭り(リオのカーニバル等)やスポーツ、コンサートなどのイベントに合わせてルートを組むのもいいでしょう。なおルート別のおすすめガイドブックは、ガイドブックでも詳しく紹介していますので、あわせてご覧下さい。


【*1】ヒッピーロード
かって欧米のヒッピーがヨーロッパからカブールやゴア、カトマンズを目指した事からこの名がついた。沢木 耕太郎の小説『深夜特急』は、このルートを辿る。
【*2】カラコルムハイウェイ
冬季(9月下旬から数カ月)は積雪のため閉鎖され通行できません。
【*3】ストップオーバー
目的地に向かう途中の経由地で飛行機を降り、24時間以上滞在すること。無料の場合と有料の場合がある。チケットには○で記される。
【*4】フンザ
カリマバードを中心とするパキスタン北部の山岳地方。ベストシーズンは、杏の花が咲き誇る春と、果物が実を結び渓谷がポプラの黄葉に染まる秋です。
【*5】サファリ
エジプトのカイロにある日本人宿。cf: 中東の安宿
【*6】退避勧告
現地に滞在している邦人に対して、当該国から安全な国への退避を勧告するもの。cf: 海外安全ホームページ
【*7】日本人宿
中南米には日本人宿としては老舗のペンション荒木、ペンション西海を始めとして、随所に日本人宿があります。cf: 中南米の安宿
【*8】パナマ−コロンビア間
この区間(ダリエンギャップ)はパンアメリカン・ハイウェイも接続しておらず、左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)が実効支配している。cf: パナマに対する渡航情報
【*9】チャリダー
自転車で旅をする人。カラコルムハイウェイをママチャリで越える兵(つわもの)もいます。

関連コンテンツ


Last modified: 2013-10-01

| Prev: 旅のルート 1 | 2/19 | Next: 旅の予算 1 |

| Home | Index | Top |


| Destinations | Sitemap | Feedback | About | Backpacker | English |

© 2018 neobackpackers All rights reserved. - Khaosan Road - トラベルニュース - Travel - 旅行記サーチ - 旅行ガイド - World Heritage